「助産師と看護師の違い」理解ガイド

助産師と看護師の違いをご紹介!


助産師と看護師の違い

助産師という職業をあまり詳しくない方は、助産師と看護師って同じ医療従事者だし、どう違うの?なんて思っている方もいらっしゃることでしょう。ここでは看護師と助産師の違いを紹介していきましょう。

看護師と助産師はまったく違った職業です。看護師は病気や怪我などに苦しんでいる人々の看護や身の回りの世話や介助などを行う仕事に従事している人間です。一方で助産師は、妊産婦に対しての助産行為を主に行っていく人間になります。

資格という部分で考えると、助産師になるためには、看護師資格を有している必要がありますから、助産師という資格を持っていれば、看護師のすべての業務を行うことが可能です。看護師の業務にプラスして、助産行為が許されているという認識でもある意味で間違いではありません。基本的に看護師は医療行為を行うことができませんが、助産師には許されている医療行為が存在するということです。いくら高いスキルや広い知識があったとしても、看護師には助産行為を行うことは認められていないのです。

他にも勤務先を比較してみましょう。看護師の勤務先といえば、一般病院施設、福祉施設、企業や学校、保健所など多岐に渡ります。助産師の勤務先も、病院はもちろん、助産院や学校などさまざまにありますが、自分で独立開業をすることができるというところが、看護師とは違っている点ですね。

看護師の場合、規模の大きな病院などでは、定期的に配置替えが行われますから、さまざまな診療科を経験することが可能です。しかし助産師の場合には、産科でしか働くことができませんから、途中で他の診療科目を経験するということはできません。

世間一般の人が持つイメージとしては、看護師の方よりも、助産師のほうが格が上だと思っている方が多いと思います。看護師資格を有していなければ、助産師の資格を持つことはできませんし、助産行為を行うことができることから、こういったイメージがついてまわることでしょう。学歴に違いがある点などがこうした一般的なイメージを生み出しているのかもしれませんが、こういったことは大きな間違いです。それぞれに割り当てられた役割というものが存在しますし、どちらが上だとか下だとか、そういったことは関係ないことなのです。

しかしながら、助産師と看護師の仕事の領域というものを、しっかりと把握しておくことは非常に大事なことだと言えるでしょう。給与の面や待遇面でも変わってきますし、やりがいも全く違ったものになってきますからね。